企業経営を考える上で「社会」の意味をじっくりと研究する必要を説く講義が某大学でありました。
企業倫理の確立に向けての研究発表ということもあり、
私も非常に興味があったので、聴講することにしました。
なかなか面白い内容だったので、今後きちんとまとめていきたいと考えています。
で、どうして排水溝のつまりがタイトルにあるかといいますと、
その日に排水溝がつまって、悪臭のために寝つけなかったからで、
夜中でも修理を呼べばよかったと思うくらい頭が痛くなったから…。