排水のつまり対処をしてから

今日は朝から排水がつまり、自分で修理を試みましたが1時間格闘してもダメだったため、
水道修理業者さんを呼ぶことになりました。
午前中はつぶれるかな、と思っておりましたが意外と早く来てくれて
修理もすぐに終わったため、昼前から書斎で作業ができることに。
今回はユネスコの「生命倫理と人権に関する世界宣言」についての
原則の検討についての書籍やレポートを読み込んで纏める作業をしています。
今日中にはなんとか公開までこぎつけたいとのろなので、しばし頑張ります。

何でも屋をしていました。

そもそもグローバル化で、価値観は多様化しても
倫理観本来は多様化しようもないのですが、
考え方の一石を投じられればと思います。
人の価値は、何も外国に行かなかれば、違ったものが見れないという訳でなく、
ここ日本にいても簡単に別の世界に出会えます。
例えば、図書館に足繁く通う人とパチンコ店に足繁く通う人の価値観は大きく違うでしょう。
両者とも両者を無駄な事するもんだと思うかもしれません。
過去に何でも屋の仕事していた時は、よく変わった人に会いましたが、
人の心のグローバル化は難しいと感じました。

親鸞会の方と信仰について語る

最近、さまざまな職業の方とお話させていただく機会があるのですが、
先日は親鸞会の方と信仰について語り合いました。
親鸞会とは浄土真宗の親鸞聖人の教えを、
勉強会などを通じて紹介したりしている団体です。
約50年の歴史があります。
倫理観の多様化に関しても、宗教は切り離せない位置にあるのではないかと、
その方は言います。
みなさんはいかがお感じでしょうか。
普段から仏教には興味がありましたが、
なかなか興味深いお話をうかがえたので、少しずつ紹介できればと考えております。

アイフルの過払い金で書斎をゲット?

借金返済のときの払い過ぎた金利が戻ってくる過払い金返還請求ですが、
私達日本人は倫理的に「借金はよくない」と教えられて育っています。
すると「借金していることを言えない」と隠すようになり、
せっかくの権利が消滅してしまうことがあるのです。
電車の広告などでも「家族にも会社にもばれません」と書かれていますが、
これは効果的だと思います。
ここ数年でオープンにする人も増え、
知人もアイフルの過払い金で書斎付きの住宅へ引っ越せたといっておりました。
気付いてない人に知らせたい思いからブログ掲載の許可も得ました。

ひな人形を贈るお宅は

私の研究には、日本人だけでなく、外国人もたくさん協力してくれています。
ハーバード大学で教授をしているAさんもその中の一人で、
医学部の教員の倫理観についてのレポートをまとめる際に、かなりの協力をしてもらいました。
彼の家にお世話になり、1ヶ月間有意義に過ごせたことは、何年経っても感謝しきれません。
そんな彼にも娘が産まれ、初節句を迎えるそうです。来年はひな人形を贈ろうと思います。
日本が好きな彼だから、きっと喜んでくれると思います。

給湯器という例え。

世界的に個人の持つ価値を共有する傾向にある今、
倫理観は多様化より統一化の方が大きくなっている気がします。
ある時は発現力の大きい物の価値間がそのまま倫理観へ転換されているケースもあります。
この場合も個々大小の差を変換させてまで一つの倫理観に統合されてしまったと言ます。
ばかばかしく例えるなら給湯器
水の価値とエネルギーの価値をお湯として利用という倫理にそわせるため、
個々を変換させています。
現代のいう倫理の多様化は目的先行のおかしな倫理かも。

水道トラブルも多様化?

新聞や雑誌、ニュースサイトでも「価値観の多様化」は多く語られていますが、
「倫理感」となると少々敷居が高くなる感じがしませんか?
そんなこと全くなく、もっと議論されてもいいと思いますので、
このサイトで優しくひも解いていきますね(^^)
ただ、いまはちょっとした水道トラブルに見舞われておりまして、
これが解決してからゆっくり解説させてください。
いや~今回の水道トラブルは思ってもみなかった内容で、
水道修理屋さんもびっくりして「最近多様化してきたな」って言ってました。
気にしていると本当によく使われる単語なんですね。

企業倫理論の確立と排水溝のつまり

企業経営を考える上で「社会」の意味をじっくりと研究する必要を説く講義が某大学でありました。
企業倫理の確立に向けての研究発表ということもあり、
私も非常に興味があったので、聴講することにしました。
なかなか面白い内容だったので、今後きちんとまとめていきたいと考えています。
で、どうして排水溝のつまりがタイトルにあるかといいますと、
その日に排水溝がつまって、悪臭のために寝つけなかったからで、
夜中でも修理を呼べばよかったと思うくらい頭が痛くなったから…。